淋病の症状や治し方は?

ウィルス

淋病は男性に多い病気であるとされており、これは性風俗でのオーラルセックスが原因だと言われています。先進国のなかでも日本は淋病の発症者数が多い傾向にあり、性交渉を行う人にとっては無関係の病気ではありません。特に最近では他の先進国よりも感染者数が激増しており、これは日本の性風俗を利用する海外旅行客が増えてきたこともひとつの理由だと言えます。

淋病に感染した場合、男性は激しい排尿痛を伴うことが多いので自覚することができますが、女性が感染したときや性別に関係なく咽頭に感染したときは、自覚症状がないことも多いです。咽頭の感染は軽い風邪のような症状が多いので気づきにくいでしょう。男性が感染したときは、激しい排尿痛や尿道からの膿が主な症状だと言えます。クラミジアの症状と似ていますが、淋病のほうが自覚しやすく早期発見できるケースが多いでしょう。もしも治療せずに放置した場合は尿道炎や精巣上体炎を引き起こし、最終的には無精子症になってしまうこともあります。

女性が感染した場合は、子宮の入り口に炎症が起こり、おりものの増加や不正出血が起こることもあるのです。下腹部の痛みや性交痛などもありますが、これらは比較的軽度なので、自覚せずに発症に気づかない人が多いと言えます。しかしながら、女性が淋病を治療せずに放置してしまうと卵管炎が起こったり、子宮頸管炎が起こったりする可能性があるのです。子宮頸管炎などの重い症状を引き起こしてしまう以外にも、淋菌に感染したまま出産を行うと赤ちゃんが結膜炎になる可能性もあります。自らに症状が起こらないようにするためでもありますが、赤ちゃんが結膜炎にならないようにするためにも、おりものの増加など些細なことでも自覚症状があれば病院に行って治療を行うようにしましょう。

解決するためには、筋肉注射や点滴などが治療薬として用いられます。病院で適切な治療薬を投与してもらうことにより、淋病を改善することができるでしょう。淋病に効果がある治療薬は通販サイトなどで購入することもできますが、高い効果を期待することができる一方で副作用を起こす可能性があります。もしも病院に通わずに通販サイトで入手した治療薬を用いると言うのであれば、副作用のリスクをあらかじめ知ってから利用するようにしてください。

淋病に感染した場合はパートナーも感染している場合があります。自然治癒することができる病気ではありませんので、症状から感染した疑いがあると感じた場合は、早急に治療を進めるようにしましょう。