梅毒の症状や治し方は?

梅毒は梅毒トレポネーマという病原体に感染することで起こる病気であり、梅毒トレポネーマはコンドームなしでの性交渉や肛門性交、オーラルセックスによって感染することが多いです。主な感染経路は性交渉によるものですが、感染経路にはキスによるものもあります。唾液に病原菌が含まれているとキスでも感染してしまうので注意が必要だと言えるでしょう。

性器に異変があらわれる性感染症は多いですが、梅毒の場合は性器だけではなく全身の皮膚にあらわれます。まず感染して3週間ほどで小さなしこりが身体にできるようになりますが、これは痛みがないこともあり発症に気づかない人も少なくありません。症状は数週間ほどで消えてしまい、感染から3か月ほど経過すると赤茶色のしこりや手足の発疹、ピンク色の円形のあざを生じるようになります。他にも肛門周辺や性器にイボができたり、喉の奥が腫れたり、脱毛症状があらわれることもあるのですが、これらも数か月から数年で症状が消えるのです。

末期症状まで梅毒が進行してしまうケースは少ないですが、最終的には大きめのしこりができたり、心臓や血管、神経や目などに重い障害があらわれたりするようになります。梅毒を治すためには発疹などの症状がでたら医療機関を受診し、治療薬を処方してもらうことが大切です。医療機関ではペニシリン系の薬が処方されることが多く、梅毒にはペニシリン系の治療薬が非常に効果的だと言えます。ペニシリン系の薬以外だと、梅毒の治療ではミノマイシンという薬が処方されることが多いです。

ミノマイシンは細菌を原因とする、様々な感染症の治療で用いられる薬であり、ペニシリン系で効果がなかった病気も治すことができる場合があります。ただし腹痛や食欲不振、めまいなどの副作用が生じることもあるので、注意が必要です。重篤な副作用ではアナフィラキシー症状が起こったり、中毒性表皮壊死融解症や皮膚粘膜目症候群が起こったりすることもあります。ミノマイシンを治療薬として用いる際は、副作用が起こる可能性があるということも知っておくようにしましょう。

昔は不治の病として知られていたこともあり、梅毒は完治しないと思っている人も少なくありません。たしかに自然治癒は不可能ですが、現在は医療技術の進歩により治療すれば完治することができる病気となっています。梅毒を患ったかもしれないと感じた場合は、すぐに検査や治療を行うようにすると、完治することができるでしょう。