• ホーム
  • 尖圭コンジローマの症状や治し方は?

尖圭コンジローマの症状や治し方は?

病原体

尖圭コンジローマは性器にイボができるという特徴がある性感染症です。ヒトパピローマウイルスが原因となって感染する病気であり、子宮頸癌の原因となる高リスク型ヒトパピローマウイルスとは異なる型の低リスク型ヒトパピローマウイルスによるものですが、早期発見や早期治療すべきであるということには変わりがありません。

感染してしまった場合は性器に症状があらわれます。男性であれば陰茎や亀頭、包皮の内側や陰嚢、女性であれば大小陰唇や膣前庭、膣や子宮頚部にイボがあらわれるようになるのです。色は薄ピンクか茶色であり、形状はカリフラワー状か乳頭状であることがほとんどだと言えます。肛門内や肛門周辺、尿道口に発症することもあり、イボを放置しておくと徐々に肥大化するだけではなく、数も増えていくのです。

もしも尖圭コンジローマに感染したまま出産を行うと、出産時に赤ちゃんに病気が感染する可能性もあります。すぐに不妊症などを引き起こすわけではありませんが、治療せずに放置しておくと出産時などに問題となる可能性があるので、特に妊婦の人やパートナーが妊娠している人は感染に気をつけなければならないでしょう。

尖圭コンジローマに感染してしまった場合は、イボを取り除く治療を行わなければなりません。軟膏の塗布など治療薬を使用することもできますが、それだけでは不十分であることも多く、レーザーによって切除しなければならないこともあります。レーザー切除を行ったとしても完全にイボをなくしてしまうことは難しいので、完治することも非常に難しいと言える病気です。完治したように思えても、再発してイボがあらわれることもあるので、注意しておきましょう。

子宮頸癌の予防効果が期待される4価ワクチンは、尖圭コンジローマの予防に効果があると言われています。けれども副作用の問題があるので接種はおすすめできません。また治療薬としてではなく、あくまで予防の観点から使用するものなので副作用なども考慮して医師と相談するようにしましょう。

性感染症のなかには再発しやすい性病がいくつかありますが、尖圭コンジローマはそのうちのひとつです。早期発見や早期治療によってなるべく良い状態を保つことができるようになる可能性もあるので、感染したかもしれないと感じた場合はすぐに医療機関を受診するようにしましょう。感染を早期発見し、レーザー切除や治療薬の使用など、適切な処置を行うことができれば、症状の悪化を食い止めて治療を行っていくことができます。