• ホーム
  • トリコモナスの症状や治し方は?

トリコモナスの症状や治し方は?

トリコモナスは性交渉以外の感染経路で移ってしまう可能性のある性感染症であり、銭湯やプールなどの共用品を使用することで感染することもあります。もちろんコンドームなしの性行為や肛門性交などでも、病原体が移るので注意が必要です。しかしながら、それ以外にも原因となるトリコモナス原虫は銭湯の浴槽のフチや椅子などから、他者の性器に付着する可能性があります。性行為以外にも感染経路があるため、トリコモナス原虫が生存できる環境にあるものを他者と共用しないことが大切です。

男性がトリコモナスに感染した場合は、尿道に症状が起こり、尿道炎が引き起こされます。主な症状は尿道からの分泌物や軽い排尿痛ですが、これらの自覚症状がないケースはすくなくありません。自覚症状がないと病気を見逃してしまう可能性がありますが、治療せずに進行してしまうと前立腺炎を引き起こす可能性もあるのです。前立腺炎などの重い症状を引き起こす前に治療することが大切だと言えます。

女性の場合は、膣や子宮の入り口、膀胱や尿道に感染するのです。泡状で悪臭の強いおりものが増加するという特徴があり、外陰部や膣に痛みや不快感を覚えることが多いと言えます。そのままにしておくと膣炎が引き起こされてしまうこともあるのです。また、膣炎などの症状が起こるだけでなく、パートナーと移し合いになってしまう可能性もあるので、些細なことでも変化を感じたら病院を受診することが大切だと言えます。

トリコモナスに効果的な治療薬には、フラジールが人気です。フラジールは原虫や細菌を駆除する効果がある治療薬であり、原虫のDNAを切断することによって、細胞レベルでの増殖を抑制することができます。ただし、効果がある一方で副作用が起こる可能性もあるので、どういった症状が起こりやすいか知っておきましょう。フラジールを服用することで発疹や吐き気、食欲不振といった軽い副作用があらわれることもあります。稀に中毒性表皮壊死融解症や皮膚粘膜目症候群を引き起こす可能性もあるので、治療薬の使用で異変を感じたら直ちに医療機関を受診するようにしましょう。

トリコモナスは性感染症のなかでも症状がわかりづらい病気のひとつなので、感染の疑いがあればすぐに検査するようにしてください。また、気づかないだけでパートナーもトリコモナスに感染している可能性が高いので、ふたりで一緒に検査や治療を行うことが大切だと言えるでしょう。