• ホーム
  • クラミジアの症状や治し方は?

クラミジアの症状や治し方は?

考えている女性

クラミジアは最も一般的な性感染症であり、日本国内では40万人以上の感染者がいます。症状を感じない人がほとんどなので感染に気がつかない人が、知らず知らずのうちに他者に移しているということがよくあるのです。コンドームなしの性交渉以外にオーラルセックスでも感染します。性風俗はオーラルセックスによるサービスを取り入れているお店が多く、性風俗に従事する女性が菌を保有しており、利用した男性が感染、パートナーにまで被害が及ぶというケースも少なくありません。クラミジアに感染した場合も、他の性感染症と同様に、早急に治療していく必要があります。

男性がクラミジアに感染した場合、主に尿道に症状があらわれます。尿道のかゆみや不快感、排尿痛、副睾丸の腫れなどが起こりますが、これらは軽度の場合が多く、感染に気づかない人が多いと言えるでしょう。淋病などと比較すると排尿痛はかなり軽いものです。尿道から膿が生じることもありますが、透明でサラサラしているので、違和感に気づくことができない人がほとんどです。感染を自覚しづらいですが、そのまま放置してしまうと菌が尿道や前立腺まで入り込んで、前立腺炎や精巣上体炎を引き起こす可能性があるので、注意しておきましょう。

女性の場合は、子宮の入り口に感染して炎症が起こります。おりものの量が増加したり、生理でもないのに出血したりすることがありますが、女性も他の性感染症より軽度の症状しか起こらないため、感染になかなか気づくことができない人が多いと言えるでしょう。治療を行わなければ、クラミジアが体内に広がって重症化する可能性があります。卵管炎などの重い症状を発症することもあり、そうなってしまうと子宮外妊娠や不妊症の原因となる可能性もあるので、些細なことでも違和感があった場合は早急に検査や治療を行うことが大切です。

男女ともに咽頭の粘膜に菌が触れることで、咽頭への感染も起こります。その場合は、喉の痛みや発熱といった症状があらわれるでしょう。性別や感染した場所によって、具体的な症状は異なりますが、いずれにせよ治療薬を用いて治すことが大切です。

クラミジアは主にジスロマックを用いて治療を進めていきます。ジスロマックはクラミジアの菌を排除することに効果的ですが、人によっては副作用があらわれることもあるので、ジスロマックの副作用をしっかり確認しておくようにしましょう。クラミジアはオーラルセックスによって簡単に感染してしまいます。放置しておくと不妊などの重い症状を引き起こす可能性があるので、身体に異変を感じたら、すぐに抗菌薬を手に入れて治療を行うようにしてください。