公開履歴
悩んでいる女性

性行為によって感染する性病はSTDと呼ばれ、病気であることが発覚した場合は放置しないということが、とても重要だと言えます。STDはたくさんの種類があるので、どのような病気であるか判断し、その後は適切な治療を行っていかなければなりません。もちろん、カンジダについても同じことが言えます。感染すると、女性の場合はおりものに異常があらわれるなどの症状があり、早急に効果的な治療を行うことができれば完治させることができます。病院や個人輸入の通販で治療薬を手に入れることができますが、その薬には副作用もあると知っておきましょう。

カンジダって何?

カンジダはカビの一種であるカンジダ属の真菌が原因となって起こる病気であり、男性も女性もかかることがあり、性別に関係なく感染してしまうことがある病気だと言えます。もともと女性の膣内に存在していても何もおかしくない菌によって引き起こされることがある性感染症なので、特に女性で感染する人が多いと言えるのです。このように性行為をしていなくても発症することを自己感染と言い、膣内や腸管に持っている菌が、ストレスやホルモンバランスの乱れなどのきっかけによって、異常増殖して病気となります。もちろん自己感染だけではなく、パートナーとコンドームを使用しない性交渉を行うことなどによっても感染することがあるのです。

具体的な特徴は男性と女性で異なります。男性の場合は亀頭に原因菌が付着して、不衛生な状態が長期にわたって続くと、亀頭部分に炎症を生じてしまい、かゆみやただれといった問題が起こるのです。それだけではなく、亀頭が赤くなり周囲には白いカスが付着するようになったり、小さな水疱ができたりします。放置しておくと、尿道炎を起こすこともあるので、異常があらわれたら早く治療しなければならないでしょう。パートナーとの性行為以外では、包茎や糖尿病、ステロイド剤の投与などが原因となって感染することがあります。

女性の場合は、膣や外陰部に異常があらわれることがほとんどです。膣や外陰部にかゆみを生じ、性器に炎症が起こるようになります。ヨーグルト状のおりものが増加することも多く、それ以外には性交時の痛みや排尿しづらくなるという問題もあらわれるのです。性行為以外では、風邪や疲労、ストレスによる免疫力の低下や妊娠などでも感染することがあります。もとから膣内に原因菌を持っているという女性は少なくありませんので、些細なことがトリガーとなってしまい、発症してしまうことは非常に多いので注意が必要です。

とても再発しやすい性感染症のひとつだと言うことができるでしょう。特に女性のなかには再発を繰り返してしまう人が少なくありませんので、きちんとした治療や生活の改善を行わなければ、長期にわたって病気のままである可能性が高いということを知っておいてください。早期発見や適切な処置を行うためには、症状や治療法、治療薬についての正しい知識を身につけておくことが非常に大切です。

カンジダはどうやったら治るの?

もしも、カンジダに感染してしまった場合は、早期発見と早期治療がとても重要となります。性感染症であることに気がつかずそのまま放置してしまうと、知らないうちに重症化してしまうこともあるので注意しておきましょう。性器などに何かしらの異変を感じたのであれば、すぐに医療機関を受診したり検査キットなどを利用したりして性病でないかどうかチェックする必要があります。もしも陽性であると診断されたのであれば、病気を治すために治療していかなければなりませんし、場合によってはパートナーも検査するようにしましょう。

治療は主に薬の使用によって行われます。原因となっている真菌を退治する抗真菌薬などを用いて性感染症が治るようにしなければなりません。しかしながら、カンジダの場合は薬を使用するだけではなく、いくつかのことに気をつけておかなければ、完治させることができないこともあるのです。生活習慣の改善を必要とされる場合も多く、性行為よりも自己感染による発症が多いので、ストレスなどによる抵抗力の低下が起こらないように免疫力を高めるなどの改善が必要となるでしょう。そのため、薬を使用すると同時に生活を改めることで、病気を治すことができます。

完全に治すためには食生活の改善も必要とされています。免疫力を高めるような食材を選択したり健康的な食事に気を遣うようにしたりすることで、身体の免疫機能がアップして病気が再発しづらくなり、完全に治すことができるのです。他には清潔な下着を着用するということも大切だと言えます。汗をかいたままの下着や数日間同じものを着用し続けると、菌が繁殖しやすくなり病気にかかりやすくなってしまうのです。毎日清潔な下着を身につけるようにしておくことで、下着が原因で菌を繁殖させてしまうことはなくなります。

治療を行っている間は性交渉に気をつけるということも、きちんと治すために大切なことだと言えるでしょう。せっかく薬を服用していても、コンドームなしで性交を行ったり、肛門性交を行ったりすることで、パートナーと病気を移し合ってしまう可能性があるのです。カンジダを治すためには、性交渉を控えたりパートナーに感染してしまうことがないように注意したりする必要があるでしょう。こういった点に気をつけておくことで、病気を治すことができます。

カンジダの治療薬はどこで手に入る?

治療には、薬の使用も欠かせません。いくら生活習慣などを改善したとしても、繁殖してしまった菌を退治しなければ完治することはできないのです。そのため、治療薬を手に入れて服用しなければなりませんが、どのような場所で購入することができるのかわからないという人もいるかもしれません。現在、カンジダの薬は医療機関や個人輸入代行の通販サイト、ドラッグストアで手に入れることができます。

まず最もポピュラーな方法は、医療機関を受診して性病であるかどうか診断してもらい、もしも陽性であれば適切な治療薬を処方してもらうというものです。病院で検査や診察を行ってもらい薬を受け取ることができるので、非常に安心感の高い方法だと言えるでしょう薬については医師から説明がありますし、何か不安があればその場で質問することができるという点も大きな魅力だと言えます。しかしながら、感染している人のなかには、性感染症を理由に病院へ行くことを恥ずかしいと思っている人もいるため、そのような場合は病院以外の方法を選択しなければなりません。

病院以外で薬を手に入れるのであれば、個人輸入代行の通販サイトを利用したり、ドラッグストアを利用したりすることもできます。通販サイトでは、海外で販売されている治療薬を購入することができ、比較的安価な価格で手軽に薬を手に入れることができるのです。手軽に入手することはできますが、効果や副作用についての説明を受けることができないため、ホームページや検索などから自分で調べなければなりません。何か他のものを服用しているという人や薬でアレルギー反応を引き起こしたことがあるという人などは、独断で購入した薬を使用することで副作用を起こしてしまう危険性があるでしょう。ドラッグストアで購入する場合も、手軽に手に入れることはできますが、副作用などについては自分でしっかりと把握しておく必要があるのです。

治療薬は医療機関と通販サイト、ドラッグストアで手に入れることができます。それぞれの方法にはメリットデメリットがありますので、それらを踏まえてから自分がどちらを選択するべきか決めなければなりません。いずれにしても、治療薬なしでは症状を完治させることはできませんので、症状があらわれた場合は直ちに薬を入手して服用するようにしてください。もしも副作用などが起こった場合は、医療機関を受診するようにしましょう。

記事一覧
クラミジアの症状や治し方は? 2019年08月28日

クラミジアは最も一般的な性感染症であり、日本国内では40万人以上の感染者がいます。症状を感じない人がほとんどなので感染に気がつかない人が、知らず知らずのうちに他...

淋病の症状や治し方は? 2019年10月10日

淋病は男性に多い病気であるとされており、これは性風俗でのオーラルセックスが原因だと言われています。先進国のなかでも日本は淋病の発症者数が多い傾向にあり、性交渉を...

B型肝炎の症状や治し方は? 2019年11月11日

B型肝炎はコンドームを使用しない性交や肛門性交、オーラルセックスによって感染する病気であり、とても感染力が強いものです。性行為以外にはピアッサーの使用やカミソリ...

梅毒の症状や治し方は? 2019年10月25日

梅毒は梅毒トレポネーマという病原体に感染することで起こる病気であり、梅毒トレポネーマはコンドームなしでの性交渉や肛門性交、オーラルセックスによって感染することが...

尖圭コンジローマの症状や治し方は? 2019年09月23日

尖圭コンジローマは性器にイボができるという特徴がある性感染症です。ヒトパピローマウイルスが原因となって感染する病気であり、子宮頸癌の原因となる高リスク型ヒトパピ...

ヘルペスの症状や治し方は? 2019年09月07日

ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスの1型もしくは2型に感染することによって起こる性感染症です。症状があらわれている部分と接触することで他者に移してしまうので、感染...